インフルエンザの咳と医療機関で

インフルエンザにかかったらできるだけ早く医療機関を受診することが大切です。しかし、風邪と症状が似ており、区別が難しいのではないかと考えている人もいるでしょう。風邪ははっきり原因菌が分からないウイルス感染による上気道炎であり、発熱や喉の痛み、咳、鼻水などといった症状が出ます。しかし、安静にしていれば数日程度で症状が収まることも多いです。インフルエンザはというのはインフルエンザウイルスによって引き起こされる感染症であり、全身に症状が出ることが特徴です。このウイルスに感染すると悪寒と共に38度以上の高熱が出ます。また、少し経ってから関節痛や筋肉痛、鼻水、咳、食欲不振、下痢などの症状が出てきます。風邪とインフルエンザは原因菌が異なっているため、症状の出方なども違っています。ウイルスに感染して熱が続いている時に意識障害や頭痛、嘔吐、異常行動などが起きてしまうことがあります。これはインフルエンザ脳炎と呼ばれる症状であり、幼い子供に起こりやすいということです。命に関わることもあるため、できるだけ早く治療をした方が良いでしょう。インフルエンザウイルスによる肺炎もありますが、これは体力の低下している高齢者や免疫力か低下している人などに起こりやすいとされています。この肺炎は重症化しすいので注意が必要です。ちなみに、インフルエンザにかかって数日してから脚の筋肉に炎症が起こり、歩行困難になってしまうこともあります。これなすぐに回復するということですが、まれに急性腎不全になった症例も報告されています。インフルエンザは熱や咳などが起こるだけでなく、さまざまな合併症や後遺症を引き起こす可能性がある病気です。そのためこの病気の特徴や治療方法などについてしっかり知っておくと良いでしょう。