インフルエンザウイルスの大きさと治療法

インフルエンザは、毎年冬になると爆発的な流行をおこし、多くの人を道連れにする病気として知られています。このインフルエンザは、ウイルスが気道の粘膜などの部分に感染することによって発症するものであり、予防としてマスクの装着などがいわれています。しかし、実はこのウイルスの大きさというのは、100ナノメートルほどという微小なものであって、市販のマスクの網目の10マイクロメートルという大きさを、軽くすりぬけてしまうものです。そうした意味で、マスクに完全な予防効果を期待するのはなかなかむずかしいといえますが、他人のくしゃみやせきなどとともに飛び出した唾液の飛沫を直接吸い込むのを避けるということであれば、ある程度の効果は期待できるといえます。こうしたもののほかにも、病院などで予防接種を受けておくという方法もあり、ワクチンは毎年の流行状況にあわせて製造されていますので、効果としては一定の評価を与えてもよいものです。このような予防措置をとったとしても、やはりインフルエンザにかかってしまうことはあるものですが、こうした場合、38度以上の発熱、のどや頭の痛み、筋肉や関節の痛みなどといった症状が突然にあらわれます。このような症状があらわれた場合には、ただちに病院に行って、迅速検査でインフルエンザかどうかを確認してもらうのがよいといえます。もしも陽性の反応が出た場合の治療法としては、ウイルスに対して直接的な効果がある抗インフルエンザウイルス薬とよばれるものを投与することが挙げられます。こうした医薬品にはいくつかの銘柄が知られており、カプセルやドライシロップであったり、吸入薬であったりしますが、いずれも数日程度で症状の改善効果がみられるものです。